teke teke my life

てけてけマイライフ(ぼくの生活と学習と遊びの記録)

読書-漫画・書籍感想

漫画や書籍の感想です。

2022年10月に買った漫画の感想(かぐや様27、のボルダ2、乙嫁語り14、きのう何食べた?20)

買ったかすぐに忘れるので、感想とともにメモ。 かぐや様は告らせたい27 きのう何食べた?20 のボルダ2 乙嫁語り14 かぐや様は告らせたい27 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 27 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:赤坂アカ 集英社 Amazo…

ウォーターセブン編のウソップとの大喧嘩で感情を露わにするルフィがめっちゃ好きなんですわ

スーパーどうでもいい系の感想なのですが、久しぶりにワンピースのウォーターセブン編でウソップと大喧嘩する話を読んで、やっぱこの話、めちゃめちゃ味わい深くて好きですわ、となったので、だらだら思ってるところ書いておきます。 ONE PIECE カラー版 35 …

金田一少年の事件簿FILEシリーズの各事件ごとの感想

コミックDaysで金田一少年の事件簿を読むことが出来たので、溜まってたチケットを使ってFILEシリーズを一通り読み直したりしていました。 数年に1回読み返しており、新鮮な面白さはなにもないのですが、なんでこう、定期的に読みたくなるんでしょうね。人の…

2022年6月に読んだ漫画の感想(スキップとローファー7巻)

スキップとローファー7(高松美咲) 2年生に進級しました クラス替えで不穏な新キャラ氏家くん登場 ラストの志摩くんの条件反射的誤動作感に笑う 志摩くんのみつみへの感情の遷移 8巻が楽しみで仕方がない スキップとローファー7(高松美咲) スキップとロー…

金剛寺さんは面倒臭いはとよ田みのる作品の正統進化で非常に良かった

金剛寺さんは面倒臭い/とよ田みのる ラブロマやFLIP-FLAPの頃のパワーを感じる作品 実験的な回が多いが、どの回も成功している みかん問題ふたたび (余談)ホシノくんの「ずっと一緒にいられるかな」に対する心境の変化について 金剛寺さんは面倒臭い/とよ…

ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話の5巻の展開が素晴らしいんです。

ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話(5-8)/横田卓馬 5巻の展開が素晴らしい… 恋愛のステージは急に進む 誇張されたキャラクタの素の姿の愛おしさよ 低スペック男子と付き合って本当に幸せになれるのか 6~8巻は5巻ほどのパワーはないが、5巻まで…

2022年3月に読んだ漫画の感想(ハヴ・ア・グレイト・サンデー、へうげもの)

ハヴ・ア・グレイト・サンデー(1-4)/オノ・ナツメ ハヴ・ア・グレイト・サンデー(4) (モーニング KC) 作者:オノ・ナツメ 講談社 Amazon 1-3巻まで購入していたのに、4巻完結が出ていたのに気づかず、放置していました。最近、いろんなものに乗り遅れてだめ…

2022年2月に読んだ漫画の感想(ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話、寿エンパイア)

ポンコツ風紀委員とスカート丈が不適切なJKの話(1-4)/横田卓馬 タイトルはちょっとアレだがいつもの横田先生の漫画 恋愛要素もギャグ要素も良質 寿エンパイア(1-8)/せきやてつじ パワハラ感を感じさせない爽やかバンビーノ ファンタジー度は薄めだ…

2022年1月に読んだ漫画の感想(のボルダ、パリピ孔明、愚者の星)

のボルダ(1)/鬼頭莫宏 のりりんに引き続いての趣味漫画 パリピ孔明(1-8) 純粋に完成度の高い英霊現代転生もの 愚者の星(1-6)/遠藤浩輝 漫画力高いが、特筆すべきものもない感じ のボルダ(1)/鬼頭莫宏 のボルダ 1巻 (バンチコミックス) 作者:鬼頭…

2021年12月に読んだ漫画の感想(14歳の恋、戦国妖狐 他)

14歳の恋(12)/水谷フーカ 戦国妖狐(17)/水上悟志 アンデッドアンラック(2-6)/戸塚慶文 14歳の恋(12)/水谷フーカ 14歳の恋 12 (楽園コミックス) 作者:水谷フーカ 白泉社 Amazon 14歳の恋、求めるものを100点で返してきたまま完結してくれましたし、4…

2021年11月に読んだ漫画の感想(アンデッドアンラック、ブルーピリオド 他)

アンデッドアンラック(1)/戸塚慶文 ブルーピリオド(1-7)/山口つばさ 亜人ちゃんは語りたい(10)/ペトス アンデッドアンラック(1)/戸塚慶文 アンデッドアンラック 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者:戸塚慶文 集英社 Amazon アンデッドアンラック、1…

2021年10月に読んだ漫画の感想(亜人ちゃんは語りたい、ライドンキング)

亜人ちゃんは語りたい(1~9)/ペトス ライドンキング(1~7)/馬場康誌 亜人ちゃんは語りたい(1~9)/ペトス 亜人ちゃんは語りたい(9) (ヤングマガジンコミックス) 作者:ペトス 講談社 Amazon バンパイアやデュラハン、淫魔などの性質を持った人間で…

2021年9月に読んだ漫画の感想(ギャルと恐竜、映像研には手を出すな)

ギャルと恐竜(1~3)/森もり子 映像研には手を出すな!(1~4)/大童澄瞳 ギャルと恐竜(1~3)/森もり子 ギャルと恐竜(3) (ヤングマガジンコミックス) 作者:森もり子 講談社 Amazon コミックDAYSで読んだ「ギャルと恐竜」がキラリと光る作品だったので、単行…

2021年8月に読んだ漫画の感想(イジらないで、長瀞さん、ザ・ファブル 他)

イジらないで、長瀞さん/ナナシ ザ・ファブル/南勝久 Dreams/七三太朗、川三番地 講談社の漫画アプリで前からコミックDAYSは利用していたのですが、マガジンポケットも評判が良いアプリなようなので、こちらも入れてみました。 どちらのアプリも、毎日1話ず…

2021年7月に読んだ書籍の感想(うわさのズッコケ株式会社)

ズッコケ三人組シリーズの作者、那須正幹さんが亡くなられた、とのことで、「ズッコケ三人組」シリーズのことを思い出していました。中年版が出たり、定期的に思い出す機会はあったのですが、今後ますます、そういう機会も少なくなるんですかね。 児童文学作…

2021年6月に読んだ小説と映画の感想(ペンギン・ハイウェイ)

ペンギン・ハイウェイ/森見登美彦 原作小説も映画版も良いが、映画の方が好きかな ペンギンハイウェイ(映画版) キャラも演出もストーリーも良い素晴らしい映画 特に他に代えがたい魅力を放つアオヤマくんのキャラクター 「えらくなる」ことを考えさせられ…

2021年5月に読んだ漫画の感想(乙嫁語り)

乙嫁語り(1-13)/森薫 好きなものを愛着を持って描く森薫のすばらしさよ 乙嫁語りの世界は横ばいの暮らしが肯定的でやさしい 生活や家族のために頑張る、というのが本来のところではあるよね 乙嫁語り(1-13)/森薫 乙嫁語り 13巻 (HARTA COMIX) 作者:森 …

2021年4月に読んだ漫画の感想(スキップとローファー)

スキップとローファー(1‐5)/高松美咲 気持ちが救われる青春学園漫画 わかりみの深い悩みと悩みの解消過程が素晴らしい 上位進学校っぽい健全な学園生活描写が良き 兼近先輩が最高すぎるんじゃ もっと売れてもいいのにな スキップとローファー(1‐5)/高松…

2021年3月に読んだ漫画の感想(夏の前日、官能先生)

夏の前日(1-5)/吉田基己 吉田基己作品の中ではとてもマイルドな名作 20代前半の自意識に刺さりまくり… 官能先生(1-3)/吉田基己 吉田基己先生の最新作 わからないでもない気持ち悪さが良すぎる 気持ち悪いのに許容できるぎりぎりの線を付いているのが凄過…

2021年2月に読んだ小説の感想(小市民シリーズ他米澤穂信作品)

秋期限定栗きんとん事件(上下)/米澤穂信 小市民シリーズのベスト 浅はかな瓜野くんに感情移入させられてしまう 巴里マカロンの謎/米澤穂信 小市民シリーズの最新作 満願/米澤穂信 いつ読んでも「万灯」にガツンとやられる リカーシブル/米澤穂信 主人公の…

2021年1月に読んだ漫画の感想(家族ゲーム)

家族ゲーム(1-14)/鈴城芹 The電撃4コマ 毒にも薬にもならない都合の良い世界ですが、時には良いね 家族ゲーム(1-14)/鈴城芹 電撃4コマ コレクション 家族ゲーム(14) (電撃コミックスEX) 作者:鈴城 芹 KADOKAWA Amazon The電撃4コマ 10年以上前に電撃4…

2020年12月に読んだ漫画の感想(うさぎドロップ)

うさぎドロップ(1-10)/宇仁田ゆみ 賛否両論あるラストではあるものの、僕は好きな作品 6歳というりんの年齢設定の妙 6歳からしか育てていないと思うと、ダイキチの選択もわかる お互いの幸福を考えれば、あの選択しかなかった むしろ、ダイキチのキャラか…

2020年11月に読んだ漫画の感想(エマ、ハツカネズミの時間)

エマ(1-10)/森薫 ハツカネズミの時間(1-4)/冬目景 エマ(1-10)/森薫 エマ 10巻 (HARTA COMIX) 作者:森 薫 KADOKAWA Amazon 「エマ」を読み返していました(「シャーリー」も合わせて)。「エマ」は久しぶりに読み返したのですが、いま読み返しても、と…

2020年10月に読んだ漫画の感想(水曜日のシネマ)

水曜日のシネマ(1-5)/野原多央 初作品なのに非常に高品質 歳の差カップルものながら、キャラ設定が無理がなくて良き 映画愛が伝わる表現も良いですね ヒロインの藤田さんがめちゃくちゃ可愛いんすわ… 水曜日のシネマ(1-5)/野原多央 水曜日のシネマ(3)…

2020年9月に読んだ漫画の感想(呪術廻戦)

呪術廻戦/芥見下々 読んだ漫画というよりは、今月語りたい漫画になってしまっていますが、やむなし。 呪術廻戦/芥見下々 呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者:芥見下々 集英社 Amazon 「呪術廻戦」が相変わらずとても面白くて、ジャンプの底力を感…

2020年8月に読んだ漫画の感想(僕のヒーローアカデミアとヴィジランテ)

僕のヒーローアカデミア/堀越耕平 序盤はめちゃ面白いのだけれど、学園から外に出るのが早すぎるような 僕のヒーローアカデミアの強さの描き方が腹落ちしない ヴィジランテ-僕のヒーローアカデミアILLEGALS/古橋秀之、別天荒人 現時点では本編よりも好きかも…

2020年7月に読んだ漫画の感想(ジョジョの奇妙な冒険)

ジョジョの奇妙な冒険/荒木飛呂彦 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ジョジョの奇妙な冒険 第2部 ジョジョの奇妙な冒険 第3部 ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 ジョジョの奇妙な冒険/荒木飛呂彦 ジョジョの奇…

コメの歴史読んでた話(食の図書館シリーズ)

特段やることも多くないものの、体か頭かは使った方が良いだろうなということで、図書館で借りてきた本を順次読んでいる。こうやって、日記を書くのもリハビリのようなものである。だんだん、考えていることが文章になるスピードは速くなってきている(昔に…

2020年6月に読んだ漫画の感想(てけてけマイハート、日がな半日ゲーム部暮らし)

読み返し中心。 日がな半日ゲーム部暮らし(1-4)/祥人 あるある系ゲーム4コマの名作 理想のインドア系高校生活が描かれているのも素晴らしい てけてけマイハート(1-10)/竹本泉 現実と同じ速度で年を取るラブコメ なんでもない日常の幸せが伝わってくる作…

2020年5月に読んだ小説の感想(白銀の墟 玄の月)

白銀の墟 玄の月(1-4)十二国記/小野不由美 十二国記シリーズの最新作だが、かなりイマイチ… ラストの小気味よさはあるものの、これで4巻使う?という感じ エンタメとしては正直面白くはない、かな 期待すると失望感が強いかも 白銀の墟 玄の月(1-4)十…