teke teke my life

学習・体験・消費のメモ帳

2021年8月2週の振り返り(マインクラフトダンジョンズで遊んでいたり)

世間はお盆休みに入ったり、会社の夏休みだったり、という期間ですが、そういうわけでもなく、普通に仕事をしている毎日です。とはいえ、やはりこの時期になると、会社も夏休み気分というか、小休止の気分が漂うので、仕事をもりもりとやる感じでもなく、ゆるっとした雰囲気にはなりますね。純粋に、暑すぎるというのもあるのですが。

コロナの感染も爆発状態だったり、大雨が降っていたりと中々大変な状況でもあり、遊びにも行けないので、じわじわとストレスが溜まりますね。

「マインクラフトダンジョンズ」を遊んでいました

ニンテンドースイッチのいっせいトライアルでマイクラダンジョンズをプレイしていました。子どもが最近マインクラフトのYouTube実況をよく見ているので、マインクラフト関連のゲームとしてDLしてみましたが、これ、マインクラフトテーマのハクスラなだけで、全然マインクラフト関係ないですね。

ただ、ハクスラとしての出来はそんなに悪くなく、ローカルで4人プレイまで可能、DLコンテンツも含めてのフルプライス3200円程度で遊べると思うと、割安な気もします。残虐表現もないですしね。

◆良い点

  • ローカルで4人プレイ可能
  • キャラクターコピーが可能(4人プレイする場合にも育てる必要ない)
  • 難易度選択の幅が下方向も含めて非常に広い。操作が簡単。
  • エンチャントによる特殊効果付与の効果が大きく、強化の幅が広い。
  • 花火の矢など、爽快感のある装備が序盤から存在し、無双感を楽しみやすい。
  • 序盤の低パワー装備も適正パワーに強化可能であり、好きな武器を長く使える

◆イマイチな点

  • ボスが高火力範囲攻撃+ノックバックなし+モブ大量湧きパターンが多く、初見の場合、遠距離から隠れて攻撃しか安定行動がないことになりがち(沼ボスの「壊れた大釜」とか)
  • Nintendo Switchだとハードスペックの問題か、処理落ちしてフリーズすることがある
  • 説明不足な部分が多いので、慣れるまでわかりづらい
  • 「花火の矢」「タマゴテングタケ」「風切り羽根」など、特定のアーティファクトが強力すぎるので、アーティファクトは固定化されがち

2時間に1回ぐらいはフリーズするので、なんとなくニンテンドースイッチでやるべきでないゲームな気もしますが、1人プレイでもマルチプレイでもかなり面白いので、正直、ちょっと買おうか悩んでます。

3年ぶりにスイカを買って食べました

たぶん3年ぶりぐらいにスイカを買って食べました。秋田産の小玉スイカ980円(糖度11.5度)。スイカ自体、そこまで好き、ということではないのですが、夏になると大体danncyuなどで数ページの特集記事があったりするので、季節に1回ぐらいは食べたいなーと思うんですよね。

とはいえ、スイカは中々サイズ感が過剰なこともあり、毎年買えずにいたのですが、今年は以下のtweetもあり、食べたいなーという思いが強まったので、大きめのスーパーに行ったときに買ってきました。土井先生は本当にライフスタイルの表現がお上手…。

で、日曜日に子どもたちと食べていたのですが、小玉スイカでも十分なサイズ感があり、味もしっかり美味しかったです。この辺、品種改良と選別の成果なんですかね。スイカ独特の清涼感もありますし、種も気にならないですし、昔よりずいぶんと美味しい気がします。子どももがっついて食べていました。

売り場での選別の仕方が良く分からないところはありますが、大型スーパーでブランド売りしているスイカならそんなに外れないんですかね。季節終わりまで、定期的に食べたいなーと思わされました。ブランドの把握をしたいですね。

Apple watchシリーズ4がアップデート不具合で死亡しました&相変わらずAppleのサポートはクソ

アップルウォッチのシリーズ4を2年前から使っており、在宅勤務でしばらく電源オフにしていたのですが、先月久しぶりに使おうと思って電源オンにしたところ、ペアリング画面で「アップデートが確認できません(インターネットに接続していません)」表示のまま進まなくなってしまい、腕時計としても使えない状態となってしまいました。

ネットで調べると、非公式に2.4GhzでWi-Fiにつないでいないとアップルウォッチ側でインターネット通信ができないという話があるそうなのですが、2.4GhzのWi-Fiにつないでも一向に先に進まず、公式のサポート窓口に尋ねるしかないかな…と思ったものの、Appleは通信でやり取りできる公式のサポートがあてにならない掲示板しかないんですね…。

相変わらずクソサポートだなーと思いつつ、別件でAppleストア丸の内に行ったときについでに確認したところ、「工場で内部確認しないといけないが、基本は交換対応前提になり、費用が3万円かかるので、シリーズ5などを買った方が良い」という解答。いや、2年間の通常使用で使用不能な状態になるものを買ったつもりはないんだけど…。お前さー。

感覚的には、2年ぐらいの通常使用やソフトウェアの不具合で壊れた場合、大手の企業であれば、1/3ぐらいの価格で修理(という名の交換)をしてくれたり、下手すると無償修理してくれたりするんですけど、Appleは本当にその辺渋いというか、王様商売なので、トラブルのたびにイラつきますね。

トラブルの頻度も非常に高く、嫁のiPhoneⅩの画面突然死、自分のiPhoneⅩRのカメラの突然死etcと、ここ3年ぐらいでもAppleストアに4、5回ぐらい行っている気がします。

とはいえ、iPhoneやiPad、Applewatch含め、体験価値というか、ストレスレスなものをリーズナブルに入手しようとすると、どうしてもApple製品で揃えてしまうのが早いので、今後も使い続けるのですが…。どこかでApple商圏から離れたいなーと思わせられる出来事でした。