teke teke my life

遊びと生活と学習の記録。

簿記学習メモ③(商業簿記:一般商品販売における仕訳・総記法・棚卸の減損処理・売価還元原価法)

一般商品販売における個別仕訳

返品・割戻し(リベート)

仕入側がリベートを受け取った場合は、仕入を取り消す仕訳をする

<仕訳>
買掛金/仕入

売上割戻し

売上に応じてリベートを支払う場合、見積もられるリベート部分については、売上ではなく、返金負債を計上する。実現した段階で、返金負債と計上した売掛金等を相殺させる

<仕訳>
売掛金/売上(リベート部分以外)
売掛金/返金負債(リベート部分)

⇒返金負債/売掛金

仕入割引

割引=早期に支払うことで掛け払いの金利相当分を免除すること。支払った段階で確定する。当初は通常通り仕訳し、支払い時に払うはずだった現金の代わりに仕入割引を計上する。尚、仕入割引は営業外収益扱いになる。

<仕訳>
仕入/買掛金
⇒買掛金/現金(実際の支払額)
 買掛金/仕入割引(金利相当分)

他勘定振替高

仕入れを販売以外の原因で振り替えたときは、仕入を見本品費・広告宣伝費・火災損失・盗難損失などに振り替える。

尚、損益計算書上は振り替えた部分は売上原価に含まず、相当する費用(販売費および一般管理費や特別損失など)に振り替える。

<仕訳>
見本品費など/仕入

総記法

商品の仕入れと販売を商品勘定で記帳する。仕入時は原価で商品を計上する。販売時は売価で計上する。差額は決算時に商品売買益で処理を行う。

返品・割戻の処理は三分法で行う場合と同じだが、仕入ではなく商品勘定で取り消しを行う。

棚卸減耗損・商品評価損

棚卸を行った際に実際の資産と帳簿上の資産が異なった場合、棚卸減耗損を計上する。また、実地棚卸の結果、商品評価が棄損している棚卸があり、価値の見直しが必要な場合はその部分を商品評価損として計上する。

毎期発生する程度の原価性のある棚卸減耗損は原価or販売費および一般管理費毎期発生する程度を超えた原価性のない棚卸減耗損は営業外費用または特別損失に表示する。

商品評価損は売上原価の内訳項目として表示する。但し、商品評価損が臨時的・多額に生じたときは例外として特別損失として表示する。

売価還元原価法

売価還元原価法

原価率を元に期末商品原価(棚卸高)を求める方法。期末商品売価*原価率で計算する。

原価率の計算は「(期首商品原価+当期仕入原価)/期首商品売価+当期仕入原価+原始値入高+値上額-値下額」で計算する。

※原始値入高:最初に加算した利益部分

売価還元低価法

期末商品時価が原価を下回っているときは、売価還元低価法を利用する。低価法では、値下額は加味せず、原価率を計算する。

商品評価損を出す方法:原価法の原価率と低価法の原価率の差分*実地売価部分が商品評価損、原価法で計算した原価率*(帳簿売価-実地売価)が棚卸減耗損になる。PL上の期末商品棚卸高は商品評価損を出さない場合と比べて増加する。

商品評価損を出さない方法:低価法で計算した原価率*(帳簿売価ー実地売価)が棚卸減耗損になる。P/L上の期末商品棚卸高は商品評価損を出す場合と比べて減少する。