TEKE TEKE MY LIFE

モノや体験の記録帳

クイックアップIGシェード(コールマン)はお出かけ時に過不足のないポップアップテントでした。

ピクニック時やベランピングで使用するためのテントとしてコールマンのポップアップテントを購入しました。ピクニックやベランピングなどでかなり使ったので、使用感を記録しておきます。

①そもそもポップアップテントはどれがよいの?

ポップアップテントの機能の要素

ポップアップテントにもメーカーが色々ありますが、汎用性の高い以下の要件を前提とすると、結構商品は限定されます。

  • ①フルクローズに出来る ⇒ 水遊びのときに着替えに使える
  • ②メッシュで通気性を確保できる ⇒ 虫避け・涼しさ
  • ③ペグを打って留められる ⇒ 風対策

機能を満たしており、おそらく1番手に入りやすく、価格もこなれているのはコールマンのポップアップテント「クイックアップIGシェード」ですね。名称がシェードなので、少しややこしいですが。

あとは、LOWYA(ベガコーポレーション)のポップアップテントも、機能的にはほぼほぼ充足していますね。ただ、6000円ちょっととあまりコールマンのポップアップテントと価格帯が変わらない状況でわざわざLOWYAで買う気は起きないですね…。

軽量ポップアップテント(幅200cm) 耐水 UVカット 収納バッグ付きでキャンプやアウトドアに | 【公式】LOWYA(ロウヤ) 家具・インテリアのオンライン通販 (low-ya.com)  

割安なポップアップテントは少し機能が足りない製品が多い

キャプテンスタッグの商品が安くて良いなぁ、と当初は思っていたのですが、フルクローズした状態でメッシュ、というのが満たせなかったので、検討対象から外しました。複数個持つような製品ではないので、一つで色々なシチュエーションに対応できることを重視したためです。

そこまで汎用性を求めなければ、十分なんですけどね。 

②コールマンのクイックアップIGシェードは機能面では万全です。

機能もりもりのクイックアップIGシェード

コールマンのポップアップテントはAmazonで7000円ぐらいで買えるのですが、虫よけ素材、ペグ付き、フルクローズ可でフルクローズ状態から至る所がメッシュで開ける、という盛り盛りの機能で、ポップアップテント界の頂点、みたいな製品です。 

カラーの選択肢が少ないのがネックですが、もともと用意されているカラーも特に好き嫌いが分かれるようなカラーではないので、問題ないとは思います(多少、人と被るかな、というのはありますが)

UVカットを重視するならダークルーム仕様の+

UVカットを万全に行いたい場合は「クイックアップIGシェード+」がダークルーム仕様もあります。ただ、そこまでやると外遊び感も薄まるので、通常版が良さそうかなーということで、うちでは通常のものを買いました。

たしかに、通常版では春以降結構日差しで熱く感じることがあるので、夏場の仕様がメインなら、ダークルーム仕様の方が望ましいかもしれないですね。2000円ぐらいの差ですし。

③折り畳みと室内の広さ、持ち運び

折り畳みは簡単で、室内も十分な広さ

使ってみた実際の感覚として、少しおりたたみにコツはいるものの、取り回しは悪くないです。2回ぐらい練習すれば、パッと畳める感じでしょうか。少し粗目に畳んでも、外袋に入れるときにある程度まで整うので、問題はありません。

室内も幼児2人と親2人の4人なら十分な広さで、必要十分な感じです。大人2人ぐらいなら昼寝が出来てしまいますね。 

持ち運びは楽々だが、形状的にかさばる

重量もなく、肩にかけられるので、女性でも軽々と運べます。ただ、コンパクトな形になるわけではなく、収納が丸い形状なので、保存や車両での運搬、キャリーカートや大型トートバッグでの運搬では少し苦慮します。

収納時の大きさを重視するならスクリーンIGシェードも選択肢になります

一応、きちんとした設営を要するもうワンサイズ大きい「スクリーンIGシェード」もあり、こちらは畳むとポップアップテントよりも運びやすいようなので、キャリーカートを持っていたり、車にそのまま置いておくタイプの使い方を想定しているのであれば、こちらの方が良いかもしれませんね。 

 両方持っている方がポップアップのほうがやっぱり手軽、という記事をあげていたので、お手軽さか持ち運びやすさかどちらを取るか、というところかと思います。

(意外と、このタイプのシェードもよく見ます。少し設営は大変そうですが、荷物はポップアップテントより少なく見えます) 

④ポップアップテントとシートを併用するともっと快適

テントの下に敷くシートがあると撤退時に便利

テントの下に敷くブルーシート的なものがあると、ポップアップテントが汚れなくて便利だったりします。ハトメがあれば、ペグで一緒に固定できますしね。

どうせ、下に敷くだけなので、安いブルーシートで十分だと思いますが、テント用のグランドシートもそんなに高いものではないので、もしかしたらグランドシートを買うともっと快適なのかもしれません。

尚、コールマンのポップアップテントにはペグが最初からついてきます。

ピクニック用のシートをテント前に敷いて、領地拡張するともっと快適

また、ポップアップテントは実態そんなに広くないので、ポップアップテント単体では少し手狭になりがちではあります。入り口側にクッションのあるシートを設営して、もう少し陣地を拡張すると、快適だと思いますね。

また、設営する場所にもよりますが、テントのシートだけだと少し硬い場合もあるので、クッションの効いている厚手のシートを中に敷くのも良いですね。中に1枚、外に1枚あると、ベストかとは思います。

  (撤収時も、荷物をシートの上においてテントを先に片付けたりできるので、便利です。厚みがあるのが持ち運び面の難点ではありますが。思った以上にかさばります)

⑤ポップアップテントがあると、とても快適です

思ったよりもずいぶん快適です

ポップアップテントについて、公共の場所で自分の陣地を構築することに、何となく抵抗がありましたが、何回か使っているうちになくてはならないものに思えてきましたね。そりゃ、みんな使いますわ。

広い芝生でシートを広げるのも良いのですが、やはり日差しや風が強いと心地良いだけではなくなってしまうので、日除け、風除けとしてぼポップアップテントはあった方が良いと思います。

f:id:shinagawakun:20210524191523p:plain

木陰でもあった方が涼しくて快適です。

正直、完璧なコンディションの日の方が少ないですからね。ポップアップテントが必要ない季節なんて、秋で少し肌寒くなってきた頃合いとか、3月の少し肌寒い時期ぐらいじゃないですかね。

とはいえ、狭い場所で使うと顰蹙を買いかねないので、使う場所は選んで楽しみましょう。

ベランピングでも、テントがあるだけで少し楽しくなります

べランピングをするにしても、やっぱりポップアップテントがあるだけで、子どもたちは少し楽しい気持ちになりますし、大人も心地よさが得られます。総じて、価格対比、効果が大きいアイテムなので、一つぐらい持っておくと便利だと思いますね。

その中で、コールマンのIGシェードは間違いのない買い物ではあるので、おすすめです。ほかのご家族と被ることが多いですが、ポップアップテントは大抵被りますからね。「LOWYA」で被るか、「CAPTAIN STAG」で被るかの差です。