teke teke my life

遊びと生活と学習の記録。

子どもと百目木公園(@袖ヶ浦)に行ってきました

JAきみつゆりの里に行ってベランダ園芸の苗を買うついでに少し足を伸ばして百目木公園(どうめきこうえん)に行ってきました。

(どうでもいいですが、百目木ってxxxHOLICの百目鬼のイメージがあるので読めますが、割と難読ですよね。)

百目木公園のアクセス

アクセス

木更津からは下道で30分程度でしょうか。袖ヶ浦公園より少し南側にあり、場所はアクセスは良いものの結構微妙な場所にあります。ただまあ、木更津アウトレットの近隣で子どもを遊ばせられる公園という意味では、選択肢に入りますかね。

駐車場

駐車場は結構多いのですが、遊具が近い第3駐車場は割合小さめで、野球場がある関係もあって埋まりやすそうです。国道側の大きい第4駐車場に停めるほうが無難かもですね。

第三駐車場がおすすめです。

百目木公園の遊具や設備

遊具は充実していて良き

遊具はかなり充実しており、あまり見ない角度の滑り台や、長めのローラー滑り台、健康遊具など一通り揃っています。

袖ヶ浦公園のアドベンチャーキッズのように、メインの遊具が駐車場からめちゃ遠いところにあるわけでもないので、その点は良いですね。

遊具周辺のベンチなどは少なめ

ベンチなど、大人が休憩しながら子どもを見守るためのものは少ないです。シートなどで陣地を作るにも人目が気にならないような適した場所は少ないので、悩みどころですね。

木陰はあるものの、暑い日などはしんどいかもしれません。行った日は初夏の暑さがあったので、1時間程度で撤収しました(子どもも早めにへばってしまいました)

トイレはあるものの、汚め

トイレは駐車場脇にあるので、あまり心配はいらないのですが、房総半島の公園のトイレの例に漏れずあまり綺麗ではないので、できれば木更津アウトレットなどでお手洗いタイムをしっかりとりたいところです。

あと、公園の柵の向こうからかき氷や綿飴を売っている屋台があり、いい感じに「おおぅ…」となりました。大丈夫なのか、あれ。

まとめ

わざわざ行くほどではないものの、選択肢としてはあり

景色が良かったり、合わせて行きたい施設が近隣にあったりするわけではないので、公園としてわざわざ行くか、というと中々なんともではありますが、遊具の充実感やアクアラインからの近さを考えると、遊具で遊ぶならドイツ村や袖ヶ浦公園より百目木公園かな、という感じです。駐車場も無料だし。

木更津アウトレットに行くだけではなくて、少し子どもに外遊びもさせたいんだけどなー、といった場合に、良い選択肢になるのではないかな、と思います。

 

<関連記事>

teketekemylife.com