teke teke my life

遊びと生活と学習の記録。

星のカービィディスカバリー製品版もとても面白いですね

星のカービィディスカバリーのデモ版が良かったのと、子どもが進級のお祝い(というか、去年1年頑張ったご褒美)として欲しいと言うので、購入してしまいました。

まだクリアしていませんが、途中までプレイした感想です。

デモ版からの引き継ぎはなし

結構デモ版を周回しちゃったお子様も多いと思うのですが、デモ版からのコインの引継ぎ等はなく、ちょっとしたボーナスをゲーム内のプレゼント機能で受け取れるだけです。

とはいえ、別にコインはプレイしているとガンガン溜まりますし、ガシャポンも大量に手に入るので、あまり気にするようなところでもないですね。

ボリュームは思った以上、爽快感もあり、良質

思った以上にボリュームは感じる

デモ版は3ステージ+ボスなので結構あっさりしている感じ(ゴルルムンバ戦のイメージが強いのもありますが)に感じたのですが、製品版では1つの面に対して6ステージ+ボス+トレジャーステージ6つぐらいあるので、かなりボリュームに感じます。

ステージごとのギミックをちゃんとやらずに最速で行けばすぐにクリアできるのですが、しっかりとステージギミックを解いて「ワドルディコンプリート」を狙おうとすると、隅々まで探索する必要があるので、2ステージぐらい「ワドルディコンプリート」までプレイするとお腹いっぱいになりますね。

コピー能力は一層爽快感高い

デモ版ではソードやカッターといった動きの小さい能力が中心だったのですが、ファイアやニードルなど、空中で発動すると高速突進できる能力が多いので、かなり爽快に感じます。また、ハンマーなども動きが軽妙で良いですね。

個人的には、過去作でニードルってその場でトゲを出すだけのイメージが強いので、高速移動しながら攻撃判定を出す今作のニードルはかなりおどろきました。楽しいー!!

デモ版になかった要素も、オマケながらgood

トレジャーはタイムアタック要素があるが厳しめ

能力を活用して時間内のクリアを目指すトレジャーステージは、クリアするだけなら簡単なのですが、目標タイム以下でクリアするのはなかなかしんどいです。大人がまじめにやってもなかなかクリアできない…。

ただ、能力を活用してすすむ、という内容は結構面白みがあり、通常ステージでそこまで細かい能力の説明がないのもあって、ありがたいですね。実質的なチュートリアルステージでもあります。

特にタイムアタックに成功しても、取得コインにボーナスがある程度でマップ上で特殊な表記がされないのもあり、難しさと報酬が釣り合っていない印象もあります。頑張る必要がなく難易度が高いので、完全な自己満足ですね…(なんか欲しかったところ)

ワドルディの街機能は子どもに大ウケ

ワドルディを救出していくと、だんだん街が発展していくのですが、アルバイトやカービィの自宅など、おまけの要素が解放されていくので、子どもはかなり楽しんでやっていますね。

大人はまあ、別にあんまり…という感じではありますが、ガシャポンというコレクター要素をステージクリアだけではなく、集めたコインでガチャガチャできるのは楽しいなーと思います。ガチャガチャするためのコストがクッソ安いのもいいですね。

全体として今のところ満足

2面までしかクリアしていない(子どもはもう少し先に進んでいる)のですが、満足度はデモ版に引き続きかなり高いです。

ステージギミックの種類も多く、ワドルディコンプリートを目指すと探索する楽しさがあるのがとても良いですね。

もちろん、ワドルディコンプリートを厳密にやっていくと、なんとなく条件を満たすものが見当たらなかったりする場合に「わっかんねぇー!!」とストレスが溜まったりもするのですが、星のカービィスーパーデラックスの洞窟大作戦のお宝コンプリートのようなものなので、やむを得ないんでしょうね。

また、小学生向け(低学年ぐらい)でも春風モードなら十分プレイできるので、子どもが楽しむ目的では、非常に良いのではないでしょうか。よくできたゲームですよ。

 

<関連記事>

teketekemylife.com