teke teke my life

学習・体験・消費のメモ帳

我が家で生き残っているIwakiのガラス製キッチンウェアについて

いつの間にやらIwakiのガラス製品がどんどん身の回りに増えてきており、そのどれもで特に不満が生じていないので、少し良いなーと思った商品をまとめておきます。同じガラスメーカーでも、ハリオよりも幅広にガラス製キッチンウェアが揃うのがいいですよね。

【iwaki公式】保存容器・キッチン用品のオンラインショップ (igc.co.jp)

①ふりかけやゴマを入れておくのに最適なふりかけボトル

大袋入りのふりかけを入れるのに最適なボトル

ぼくはふりかけを基本的にかけないひとなのですが、子どもがよくふりかけを使うので、重宝しているのがこのふりかけボトルです。

大袋で買ったふりかけ(のりたまとか、ゆかりとか)をそのまま子どもに渡すとかけすぎてしまうし、なにより、大袋のまま置いておくと雑然としてしまう、という問題があります。

そういったときに、このふりかけボトルに入れておくと、景観も良いし、子どもが適量かけやすい。しかも、湿気にくいというおまけつきです(蓋とパッキンで密閉状態が適切に保たれるからでしょうかね)

だいたい、大袋1袋を2回詰めるときれいに大袋が消費できるサイズ感も良くて、ふりかけの在庫管理もしやすいです。ガラスなので洗いやすいのもよいですね。

顆粒系のものは大体便利に使えるようになります

あと、ごまとか顆粒のだしの素などを入れるのにも重宝します。特にごまは、あまり厳密に量を図ることがない割に、袋のままや瓶に入れて保管すると使いづらいので、このふりかけボトルに入れるとかなり便利です。 

そんなに安くないのですが、買い足し買い足し、だんだん増えてきています。廃盤にならない製品で、見栄えがする形、というのがいいんですよね。

②冷蔵庫での収まりが完璧な耐熱角型サーバー1ℓ

角型でドアポケットへの収まりの良いサーバー

以前は無印良品の丸いサーバーだったり、何かの機会にもらったおしゃれな丸型ピッチャーを使っていたのですが、底が丸かったり取っ手があったりで、冷蔵庫ドアポケットでの落ち着きが悪い、という問題がありました。どうしても、冷蔵庫のドアポケットは動きがあるので、丸型だと動いてしまって、満水時にこぼれたりするんですよね…。

そこで、冷蔵庫のドアポケットへの収まりの良いピッチャーを探していたところ、Iwakiの角型サーバーを発見しました。なんと、ガラス製のピッチャーなのにAmazonで700円ぐらいと狂ったように安い、というのもポイントです。

試しに買ってみるとこれが非常に使いやすくて、ドアポケットにスッと収まるサイズでありながら、安定感があり、かつ注ぎやすく、最適解でした。洗浄も、ガラス製なので食洗機に放り込んでも劣化しない(プラだと結構早い段階で壊れてしまう)ので、清潔を保ちやすいです。

※高さがあるので、家庭用のビルトインの食洗機じゃないと入らないですが。

ということで、現在自宅では3本稼働しています。食洗機で1本洗ってはお茶を作成し、というローテーションですね。子どもが大きくなってきたり、夏になったりでもう少し消費スピードが上がったら、もう1本買うかもです。

プラの蓋が壊れやすいので、食洗器使うならステンレスのものがいいかも

プラの蓋部分がどうしても劣化して壊れやすいので、少しお金を出してステンレスタイプを買ってもいいかもしれないですね。こっちのほうがおしゃれですし。

③電子レンジ調理に必須のIwakiのガラスボウル

Panasonicのレンジ調理時の推奨品です

我が家にPanasonicのビストロを導入したときに購入したのがIwakiのガラスボウルです。これも定番品ですね。あと、ケンタロウが愛用しているとか、どうとかケンタロウのエッセイかなにかに書いてあった気がします。

我が家のボウルのメインは柳宗理のステンレスボウルで、そちらの方が基本的に使い勝手が良いのですが、当然のことながらガラスボウルでないと電子レンジには使えないので、レンジでのワンボウル調理をウリにするPanasonicの三ツ星ビストロを購入した際に、併せて購入しました。

とはいえ、ガラスボウルはガラスボウルで重さが使いやすい面もあり、例えば粉ものをやるときなんかは、ガラスボウルの方が撹拌しやすく、便利です。必要にかられて買ったものではあったけれど、これはこれで良い買い物だったなぁ、と思います。思ったより、電子レンジ調理以外でも使ってますね。

※ガラス製のデメリットとしては、重いのではかりに直接乗せると軽量可能重量を超過してしまう、という点はありますね。柳宗理のステンレスボウルなら、+600gぐらいの材料は普通に計れるのですが、さすがにIwakiのガラスボウルはすぐに限界突破します。

④ほかにもグラタン皿など、色々あるけれど

飽きてきたのでとりあえずこの辺で。ルクルーゼなどに置き換わりつつありますが、昔ながらのガラス製グラタン皿なんかも、定番でいいですよねー。

実家を出てから家庭を持って、という流れのなかで、生き残っているキッチンウェアの大多数がいつの間にか貝印やIwaki、その他有名キッチンウェアメーカーのものに集約されてきているのですが、昔からのメーカー品はやはり定番で売れ続けているだけの機能美が備わっていて良いですね。

一人暮らし、同棲ぐらいの生活ならともかく、家庭を持って長い間使うのであれば、100均や無印良品やニトリではなく、そういったきちんとしたメーカーの普及品を持ちたいものです。

(とはいっても、ニトリなんかはちゃんとしたメーカーがOEMで作っていたりするのであれなのですが)