teke teke my life

ぼくの学習と生活の記録。

ゲーム会で面白かった対戦パズルゲーム「かしおり」

ゲーム会で面白かった対戦ゲームについての記録です。

かしおり/サクセス(Nintendo Switch)

store-jp.nintendo.com

同色そろえ以外の発破が必要な独自性のある落ちものパズルゲーム

youtu.be

(ぷよぷよではないのですが、表現上、わかりやすいのでパズルの対象をぷよと表記します。)

ぷよぷよ亜種の落ちものパズルゲームで、同色3つをそろえると消え、連鎖が続くと、相手にお邪魔ぷよが飛びます。落ちてくる形はL字の3個ずつで固定なので、ぷよぷよと比べると、自由度が低めの設計にはなっています。

本作の一番大きな独自性は、「ビン」に封入されたぷよが存在することで、ビンに封入されたぷよは上から別のビンをぶつけてビンを破壊しないと、同色としてカウントされません。反対に、同色3つの一部をビンにすることで、連鎖のパーツとすることができるため、独自のプレイ感があります。

また、ビンの破壊も連鎖にカウントされるので、ビンの破壊を連鎖に組み込むことで、より少ない個数で連鎖を組むことも可能になります。時間経過で1回で壊せるビンだけではなく、蓋つきの2回壊さないと壊れないビンも発生しますので、ビン絡みで考えることは結構多いです。

使いどころは中々難しいが、楽しい気持ちにさせられるオープンアタック

もう一つの独自要素としては、相手との境目を取っ払い、自分の陣地にある同色と相手の同色をつなげることが1ターン可能になる「オープンアタック」がゲーム中2回まで使用できます。

ただし、相手との接点は1Pなら右側、2Pなら左側しかない上、そちら側に積まないと始まりません。また、そもそも同キャラを選ばない限り、相手のぷよの色とは4色中2色しか被らないため、同キャラ戦以外は相手の陣地にオープンアタックで利用できる色が少なかったりと、非常に使いどころが限定されます。

とはいえ、いつでもノーリスクで2回まで使えるので、不利な状況下で「ここで使えば打開できるかも」というところで使えるだけでも十分ですし、使った瞬間の画面の盛り上がりもあるので、楽しいシステムではあります。

ただ、もう少し強力なシステムであれば良かったかなーという気はしますね。

ビンの仕様上、お邪魔ぷよがいつもよりかなり邪魔かも

このゲームは相殺がなく、ビンの破壊手段が上から別のビンを落とす、ビンの発破(周囲8マス)に巻き込ませるしかないため、基本的に上1列まで埋まってしまうとビン入りぷよが結構な負債としての凝ってしまいます。よって、3列のお邪魔ぷよが飛ぶ5連鎖でも結構キツく感じます。

また、ビンを発破しようとしても、3、4Tビンが出てこないことはそこそこあり、ビンが欲しい色のビンでなかったり、3つの組み合わせが都合が悪かったりと、連鎖の発破が中々出来ないシーンがそこそこ発生するのも、余計と無造作に飛んでくる連鎖が妙にキツイ要因ですね。

もちろん、大連鎖の方がより良いのですが、3つ同色で消えてしまう上、1ターン3個L字で置かないといけない関係上、連鎖を組むのがぷよぷよ比で少し難しいので、5連鎖ぐらいを見込めるなら発射してしまう、というのはカジュアルに遊ぶ分には普通にありそうです。

まとめ

独自要素が結構な独自要素なので、少し新しめのプレイ感があるので、対戦パズルとして友人と遊ぶには良い出来でした。キャラクターが全体的にロリキャラなので、家族全員のニンテンドースイッチにダウンロードしづらいのは少し難点ですかね…。対戦中も勝手に水着になったりするし。

連鎖も、3つで消えるので少しぷよぷよとはフィーリングが違うものの、多少ぷよぷよをさわったことがあれば、5連鎖ぐらいは普通に作れるようになる感じです。

 

<関連記事>

teketekemylife.com