teke teke my life

ぼくの学習と生活の記録。

チームラボボーダーレスに子どもと行ってきたので予約方法や持ち物などをまとめておきます

2022年8月には閉館してしまうということだったのと、「意外と子どもと一緒に行っても楽しめる」という話もあったので、平日の午前中に小学生and幼稚園児と行ってきました。

まあ、平日とは言っても、春休み期間中なので、結構混んではいましたが、十分楽しめました。

予約方法やアクセス、当日の持ち物など

予約方法

公式hpから予約が可能です。一応、現地で当日券買えるようなのですが、埋まり方を見る限り、事前に購入して行った方がよさそうです。

チームラボボーダレス お台場 公式ウェブサイト:森ビルデジタルアートミュージアム (teamlab.art)

入場時間指定のチケットになり、キャンセル不可ですが、日時の変更はできるので、行くつもりがあるなら、雑に予約をしても問題はなさそうです。

チケットの価格は大人3200円、子ども1000円と大人がやけに高いですが、まあ、子ども1000円の設定にファミリーへの配慮がある、という方が正しいですかね。

入場後の時間制限はないので、早い時間に入るか、人が掃け始める時間から入るのがベターっぽいですね。

チームラボボーダーレスへのアクセス・駐車場

りんかい線東京テレポートが最寄り駅になります。バスなどでも近くに行けますね。メガウェブ跡地の先というパレットタウンの一番奥なので、東京テレポートからでもそこそこ距離はあります。なので、時間には余裕を持った方が良いですね。

車で行く場合、周辺商業施設の駐車場に2時間無料で駐車できるのですが、入場時間がきっちり決まっていることや、2時間以上所要時間かかることを考えると、公式のおすすめのとおり公共交通機関を使うべきだと思います。

(流石に、我が家も車の方が近いのですが、りんかい線で行きました。ヴィーナスフォートもなくなっちゃいましたしね…)

推奨される持ち物や服装

かなり歩き回るのと、床面が鏡のエリアが存在するため、動きやすい服装や靴で行くこと、女性はスカートではなくパンツルックで行くことをおすすめします。

他、特に必要なものはなく、身一つで行けますが、水筒やペットボトルなど、場内で給水できるように何か持って行った方が良いです(まあ、飲み物を飲むことができる休憩所には必ず自動販売機があるので、買っても構いませんが)。

また、持ち物ではないですが、3時間程度食べない前提で、朝ごはんや昼ごはんなどをしっかりと取ってきた方が無難です。特に、子どもは空腹を我慢できない傾向がありますし、ヴィーナスフォートが閉館した関係もあり、ダイバーシティお台場まで行かないと飲食店がありません…。

トイレは割と至るところにあるので、定期確認していれば、子ども連れでもインシデントが起きる可能性は低いと思います。

体験した感想

想像以上に良い

チームラボボーダーレス、エンタメ誌やテレビなどで見たことは当然あったのですが、実際に体験してみると、想像以上に良かったですね。肉眼で見てナンボの施設だと思います。

館内は鏡が上手く利用されていて、壁で仕切られた室内にも関わらず、境界がないように感じますし、光の錯覚も相まって、幻想的で良かったです。デートで使うべき施設ですね。

f:id:shinagawakun:20220403160609p:plain

鏡のせいで先まで広がっているように見える。肉眼だともっときれい

尚、館内は案内がないので、すみずみまで回らないと展示を見逃す可能性があります。

子ども向けの遊べる展示もある

子ども向けに運動できるブースとして、運動の森という展示もあり、トランポリンやアスレチックなどで遊べるほか、自分が塗った塗り絵が動き出す仕掛けもあったりします。

大人がやるにはどんなに品質が高くてもまあそこまで、という感じのものではあり、大人だけで行く場合にはそこまで魅了はないのですが、子ども連れではありがたいです。

この点、チームラボプラネッツよりも子ども連れ向きなのかもしれません。実際、プラネッツは子ども料金300円とほぼ無料ですが、チームラボボーダーレスは1000円という価格設定ですしね。

まとめ

展示のボリュームも肩透かし感ない程度のボリュームがあり、全体として、価格に見合うというか、それ以上の価値はあったかなと率直に感じました。

アクセス自体も悪くないですし、予約も混みあっているというほどではないので、東京在住で行ったことがなければ、8月の閉館までに足を運ぶ価値はありそうです。

 

<関連記事>

teketekemylife.com