teke teke my life

遊びと生活と学習の記録。

ゲーム会で面白かった対戦ゲーム「ぺんぎんくんギラギラWARS」(4人対戦可能)

友人と久しぶりにゲーム会をやっていました。いくつか、友人が新しく持ち込んだ4人対戦可能なゲームが面白かったので、順次記録に残しておきます。またやりたい。

ぺんぎんくんギラギラWARS/シティコネクション

store-jp.nintendo.com

ボールを投げ合って相手を倒す対戦アクションゲーム

youtu.be

キャラクターを操作し、自陣にあるボールを投げ合い、相手を倒す対戦アクションゲームです(ぺんぎんくんWARSという作品のリメイク、ということだったのですが、不勉強ながら知りませんでした)。

基本は1VS1ですが、2VS2も可能なので、4人プレイも出来ます。4人対戦できるゲームはありがたい。

相手のHPをゼロにするか、時間切れ時にHPが多い方が勝ちです。

(尚、自陣にあるボールは時間切れ時に襲い掛かってくる&ボールが全て手元にあると大ダメージを受けるので、ボールを手元に溜め続ける行動には罰則があるルールになっています)

固有技が多いものの、慣れれば操作は簡単

操作は以下の構成です。

  • ボールなし時Aでボールを拾う
  • ボール保有時Aで通常投げ
  • Yでキャラ固有の溜め投げ
  • Bでキャラ固有の回避行動(キャッチ、反射、ダッシュ等)
  • ボール保有時Xで固有の攻撃系必殺技
  • ボールなし時Xで場に影響のある固有の特殊必殺技

4ボタン+ボール保有ありなしでのアクション差分があるので、ちょっと複雑な部分もなくはないです。

また、Bの回避行動やXの必殺技は各キャラ固有な上に癖が強いので、ちゃんとキャラ説明を読まないといけない点はありますが、簡単操作系なので、一度慣れてしまえば、問題ないです。

キャラの固有技が多いのは、キャラチェンジで長く遊べるのもあり、良い点ですね。必殺技の相性などもあるので、発動タイミングを考える余地があったり、楽しいです。

4人プレイだとガチャガチャするもののの、テンポが良くて延々と遊べる

必殺技の効果が強かったり、複数のボールに対する対抗手段が少ない(基本的に避けるしかない)のもあって、大量のボールが飛び交う4人プレイではごちゃつき感が凄いです。

ただ、1戦の時間の短さやテンポの良い必殺技のカットインと効果の大きさもあって、1回1回の勝敗を気にせずにポンポンと遊んでいけるのが良いですね。

特殊ルールが面白い

特殊ルールでは大ダメージを与えるトゲボール、当たると即死の超トゲボール、爆発すると即死の時限爆弾など、特殊なボールを出すことができます。

ボールを単純に投げ合うのも楽しいのですが、トゲボールや時限爆弾ありのルールの方が明確に方向性が出る上、Bの回避行動の使いどころが生まれてくるので、2VS2の4人戦では面白いと思います。

ルール設定はキャラ選択後に行うのですが、バトル後はおあつらえ向きに「別ルールでもう一回遊ぶ」の選択肢があるので、いろんなルールでぐるぐる遊べるのは良いですね。

あと、音楽がめちゃくちゃいいです

あとは、PVを観てもわかると思うのですが、音楽が非常に良いですね。

加えて、音楽とマッチしたカットインやテンポ、ギラギラしたステージ演出があるので、その点も非常に良いです。

無限にプレイできそうな印象をあたえるのは、そのせいかもしれません。

まとめ

4人対戦できるゲームとして持ち込まれたゲームなのですが、2VS2のテンポの良さ、キャラごとの特徴、音楽等も含めて、非常に良い作品でした。

ほかのゲームも回す中、結局1時間半ぐらいやっちゃったのかな、これ。

独自色の強いゲーム性でもあるので、「格ゲーはそこそこ出来る」「パズルゲーはそこそこ出来る」みたいなそれぞれの得意ジャンルが違うようなメンバーで遊ぶ場合でもフラットに遊べるのも良いですね。

(新しい対戦ゲーム!と言って持ち込んでも、格闘ゲームの場合やっぱり別の格闘ゲームをある程度ちゃんとやりこんだ経験がある人が無双しちゃったりするので…)

 

<関連記事>

teketekemylife.com