teke teke my life

ぼくの学習と生活の記録。

春の富岡製糸場に行ってきました

旧知の友人に会うために、車で群馬県まで足を延ばしたので、ついでに友人と富岡製糸場の観光をしてきました(今回は子ども同行せず)。一応、世界遺産ですし、春は桜が綺麗だという話もあったので。実際、とても綺麗に桜が咲いており、ちょうど良い時期に行けましたね。

(まあ、何よりも、5年以上ぶりに友人と会って、昔のように気の置けない会話ができたのが、一番楽しかったわけですけれども。)

富岡製糸場のアクセスや入場料

富岡製糸場周辺の駐車場

周辺に複数駐車場がありますが、完全に無料な駐車場である駅前の市営駐車場は富岡製糸場まで約1㎞と相応に距離があるので、市営宮本町駐車場など、他のHP記載の少し近い駐車場に行くのが良いと思います。

f:id:shinagawakun:20220410070842p:plain

カーナビを使う場合は住所を入れないと出ない。

30分無料で、30分100円なので、2時間観ても300円程度と割安です。500㎡程度と多少距離がありますが、まあこれこそ許容範囲と言うか、多少歩くぐらいの話ですね。

尚、伊勢崎市内や高崎市内からは40~60分程度の距離間で、あまり遠い印象はなかったです(さすがに、東京の自宅からを考えると、遠かったのは否めないですが)

入場料

入場料1000円、ガイド200円と、安くも高くもない金額ですね。世界遺産見学できる、というブランドを思うと、安いのかもしれませんが。

一通り電子マネーやクレジットカードが使えるので、その点はありがたいです。

富岡製糸場の感想

内部の見どころ

当時の建物がそのまま残っている点もそうですし、復元されたブリュナ・エンジンも休日は実際に稼働していたり、大人であれば中々楽しめる施設ですね。

年表や解説なども丁寧で、国営⇒民営(三井⇒原⇒片倉)と時代の変化が垣間見えるのも面白さがあります。

ただ、歴史や産業に関心のない方だと、ふーん、で終わってしまうので、一緒に行く人は選んだ方が良いですし、子どもは流石に面白くないだろうなぁ…と思います。友人は工場勤務で歴史好き、私はこの手の技術スポットは大好き(トヨタ産業記念館に何時間でもいれる人)なので、非常に楽しめました。

また、各所に案内の方がいらっしゃり、人が他にいなかったのもあり、雑談をしたりしたのですが、みなさん非常に親切かつ、物腰穏やかで、好感が持てました。なぜか、シュッとした白髪のカッコいいおじさん案内人が多かったですし…。「リストランテ・パラディーゾ」かよ。

桜の時期は桜がめちゃくちゃ綺麗

中庭に非常に立派な桜の木があるほか、寄宿舎脇にも複数のこれまた立派な桜の木があり、ちょうど満開を迎えていました。そのあと、前橋市や伊勢崎市を通った時には、桜は結構散っていたので、富岡は比較的桜が咲く時期が遅いのかもしれません。

f:id:shinagawakun:20220410005607p:plain

形も含めて、非常に綺麗な桜の木がありました。天気も快晴でした

土日の混雑状況

今回は土曜に行ったわけですが、朝9時に行ったところ、「ガラガラ」という形容詞を付けても違和感のない程度にしか観光客はおらず、11時ごろにようやく少し混み始めたかな?という感じでした。

駐車場の様子を見ても、そこまで混んでいなかったので、土日であっても、早めの時間に到着することを意識すれば、スムーズに回れそうですね。

周辺には、こんにゃくパークのほか、めんたいパークも出来る予定

正直、あまり関心はないですが、周辺にはこんにゃく関連の工場見学や体験ができるこんにゃくパークがあるほか、2022年4月からめんたいパークがオープンする予定です。

子ども連れで富岡製糸場Onlyだとさすがに子どもが怒り出しそうですが、こんにゃくパーク、めんたいパークも合わせて利用すると、子どもの溜飲も多少下がるかもしれないです。

 

<関連記事>

teketekemylife.com