teke teke my life

学習・体験・消費のメモ帳

山崎実業のワイドジャグボトルスタンドがたいへん便利

子どもが小学校に水筒を毎日持っていくので、乾かすためのボトルスタンドとして山崎実業のワイドジャグボトルスタンドを購入しました。

目的からすると、水筒が立てば良いので4000円近いワイドジャグボトルスタンドを買う必要性はあまりないのですが、キッチンカウンターに常駐させるので、デザインも含めて買うか―というところで確実に見栄えのする商品を選択した次第です。

使い勝手・見た目ともに◎

水筒やソーダストリームのボトル、ハリオV60のサーバーなどを水洗いしたあとに置いていますが、一般的な真空断熱ボトル系の形状も、縦に長いボトルも、コーヒーサーバーのような太い形も安定しておくことができます。

上のバーに取り付けられる滑り止めが4つついていることもあり、予想外に滑って落ちるようなことも皆無で、中段のバーの幅も絶妙なサイズ感であまり神経質に置かなくてもきれいに立ってくれます。

構造上、ボトル類が空中に浮いて見えるので、なんとなくすっきりした印象になるのと、何も置いていない時のたたずまいもカラーリングと形状で上品な感じです。デザインはさすが山崎実業、120点!って感じですね(本製品は機能性も120点ぐらいの商品なのですが。

また、コーヒーサーバーの蓋や、子ども用のボトルの蓋やストロー部品などの小物についても、下段において乾かすことができるので、別で対応する必要はありません。例えば、以下のようなスタンド形状だと、その辺のその他部品のやりどころに困るので、この点は非常に良いですね。

メンテナンスも楽

メンテナンスも水受けを定期的に水洗いする程度なので、楽ですし、水洗いした後のものを置いているだけなので、さほど汚れません(水垢みたいなものはどうしても付きますが、目立つ位置は汚れませんし、洗えばすぐにとれます)

水受け部分は網目、受け皿のどちらも取り外し可能です。

価格が高いのは許容範囲かな

山崎実業製品の多分に漏れず、価格は3800円ぐらいと絶妙に高いです。文字にするとやっぱ高いですよね、これ。ただまあ、山崎実業製品の中ではかなり費用対効果が大きい商品なんじゃないかと思うので、許容範囲だと思います。これ、もうちょっと質感とかがアレだと成立しない商品な気もしますしねー。

確実に毎日使うもので目に触れるので、4000円近く出しても多分満足は出来るんじゃないかな、と思います。ぼくも購入にあたっては、かなり悩んだのですが、割と手放しでおすすめできますね。hもう少し安かったらもう一つ買いたいぐらいです。