TEKE TEKE MY LIFE

モノや体験の記録帳

幼児連れでレゴディスカバリーセンター東京とお台場大江戸温泉物語に行ってきました

平日に休みを取り、ゆりかもめに乗って掲題のスポットに行ってきたので、記録しておきます。

どちらの施設も、ベネフィットステーションで700円程度の割引が効いたので、福利厚生サービスなどで割引情報を探してみると良いと思います。というか、普通に行くとちょっと割高すぎますよねー。

①レゴディスカバリーセンター東京

平日でも混んでいるので快適度は低め

レゴランド東京は、平日ながらも結構な盛況で、思った以上に混雑していました。思ったよりも館内が狭い、というのもあり、余計に狭く感じた部分もありそうですが。 

また、館内を大音量でポップミュージックが流れているのも、子どもを見守る大人の立場からすると、結構気に障る感じでイケていません。

ただ、まあまあ子どもたちは混雑の中楽しんでいたのはいましたし、お台場のスポットはわりとこんなもの、というところはあるので、お台場の中では使えるのかもしれません。平日であの混みようであることを考えると、到底休日に使う気は起きないのですが…。

施設ならではの楽しさも少なく、割高感が否めない

内容はほかの施設で十分に代替できそうな内容が中心なので、レゴディスカバリーセンター東京ならではの楽しみは少ないです。定価2500円の料金を大人子ども同一料金で要求してくる上、飲食も割高で、かなりコストパフォーマンスが悪いなーという印象でした。

身もふたもないですが、同じ料金払うならレゴのセットを買って家でやった方が良いような気もします。結局、大したアクティビティがなく、独自性はレゴを組み立てることぐらいしかないので…。 

②エッグスンシングス@アクアシティ

価格帯高いけれど、快適で満足度が高い

レゴで遊んだあとは、子どもが見かけて行きたがったアクアシティのエッグスンシングスにいきました。

エッグスンシングス、通りがかるたびに結構高いなーと思っていたのですが、1食分がおおむね二人分ぐらいあるのと、広々とした座席で十分な休息が取れるので、思ったよりは、コスパが良かったです。

子連れだと、塗り絵なども出してくれますし、かなりゆっくりと過ごせます。

エッグベネディクトとパンケーキ両方頼むのがおすすめ

夫婦+幼児2人ぐらいなら、エッグベネディクトとパンケーキを頼むと塩味と甘味の量がちょうど良さそうな感じですね。2つで3000円ぐらいです。

新婚旅行でハワイに行ったとき、食ったなぁ…と思いながら食べましたが、やっぱりパンケーキ専門店のパンケーキは美味しいですね。色々研究して、自分でも相当ハイクオリティなパンケーキが焼けるようにはなりましたが、自宅で生クリームをもりもり乗せたりはしないですしね…。

③お台場大江戸温泉物語@テレコムセンター

大江戸温泉は交通至便で移動は楽々

〆は大江戸温泉物語へ。アクアシティから東京テレポート駅に歩き、シャトルバスで移動しました。ただ、東京テレポートまで移動するのが骨なのと、30分に1本しか出ていない時刻があったりするので、ゆりかもめでテレコムセンターまで行ったほうが、早いかもしれないですね。

帰りも、東京テレポートや品川駅など、主要な駅に向けてのシャトルバスが出ているので、移動距離が長くなりがちなお台場の中では、かなり移動が楽なスポットです。ありがたいことです…。

料金はそこそこするが、クオリティは高めで満足度高い

大江戸温泉物語は、ベネフィットステーションなどを使うと、大人料金が1800円程度と、スーパー銭湯+浴衣代ぐらいまで価格が下がるので、そんなに高くありません。子供料金が1000円程度かかるのはちょっと高い気もするのですが、そんなものな気もします。

施設としても、食べ物も割高感をそこまで感じない程度のクオリティもありますし、温泉、テーマパークとしても十分楽しめるので、夕方から晩御飯までの時間を大江戸温泉物語で過ごすのは、お台場の解法としてはあるような気がしますね。結構好きです。

④まとめ

感触的に、アミューズメント施設⇒エッグスンシングス⇒大江戸温泉物語という流れは良いような気がしたのですが、最初のアミューズメント施設がどこもなんとなく割高でさほど面白くないのが、お台場の難点だなーと思います。

トリックアート美術館やマダムタッソーなども、別に価格対比でそんなに楽しいわけでもないですし、お台場全体がちょっと古い感じではありますよね。もう少し子どもが大きくなれば、ジョイポリスなども選択肢に入るのですが、幼児期だと行く場所に困ります。

そなエリアとかで、バーベキューするとかが、正解なのかもしれないですね…。