teke teke my life

遊びと生活と学習の記録。

連休、土日のアクアラインの渋滞回避法についての経験値のまとめ

アクアラインが近いのもあって、月に2回位千葉に車で行っており、アクアラインの混雑状況について、なんとなく理解度が深まってきたので、記録しておきます。

連休でも土日でも、あんまり混雑状況は混んでいる方で変わらず、運良く故障車や事故車が少なくて空いている日があるぐらいの感じなので、3連休やシルバーウィークがどうとかは気にする必要なさそうです(土曜や連休初日の夜は日曜や最終日より下りが空いてるかな、ぐらい)。

下り(東京から千葉方面)

東京側の浮島ジャンクションまでの正解は首都高1号線側からの侵入

東京方面から浮島を通ってアクアラインに行こうとする場合首都高湾岸線から行くルートと首都高1号線側(川崎大師側)から行くルートの2種類がありますが、基本的には首都高湾岸線の方が明らかに交通量が多く、アクアラインへの流入経路が1車線の関係もあり、下手すると下道で行った方が早いレベルで渋滞しがちです。

一度大師インターで降りる必要がありますが、首都高1号線側から行った方が混雑しません。

もちろん首都高を1号線側から行ってもアクアラインが根本的に渋滞している場合、時間はかかりますが、首都高湾岸線側から行くよりは渋滞への遭遇頻度は少なくなるかと思います。

大抵、大師インターから浮島までは首都高使わなくても平気ですしね。

湾岸環八~浮島が死ぬほど混むので回避推奨。一度降りる必要があるが、川崎大師側からぐるっとが正解っぽい

下道で行く場合、一定以上の混雑してがあれば、殿町インターから乗った方が良い

浮島まですべて下道で行くと首都高の料金がかからないので割安になります。基本的にあまり混まないので平気ですが、事故発生時などで殿町インターあたりから浮島までの間も混みあっているようであれば、基本的に殿町インターからは乗ったほうが時間を食わずに済む可能性があります。

アクアラインに入る道路は1車線しかないので、浮島インターの入り口自体がボトルネックになります。(殿町からは2車線)

なんだかんだ浮島から殿町インターの間には結構な数の工場や倉庫があり、トラックの出入りが激しいため、渋滞の際は大きな影響を及ぼします。信号もそこそこありますしね。

殿町インターから浮島までの間の下道で渋滞にハマるとけっこう辛いので、殿町インターあたりで「ちょっと今日は混んでいるな…」と思ったらおとなしく330円を払って首都高に乗ったほうが無難だと思います。

アクアライン内の渋滞は大抵そうでもない

アクアラインは言ってもさほど混雑しません。基本的に風の塔あたりまで渋滞しがちですが、そこを抜けると車の速度が一定以上出るため、渋滞の長さは限られます。なので、基本、アクアラインに入るまでが勝負ですね。

海ほたるが混雑していると、海ほたるに入るまでに無駄に時間を食うので基本的には海ほたるには入らない前提で行程を組んだほうが無難です。海ほたる、結局なにもないですしね…。

混む時間帯は早い時間帯

アクアラインの上りは朝早ければ早いほど混む傾向があります。基本的にトラックなどの利用の台数が多い時間帯の方が交通量が多いのと、ゴルフ利用客の車が多いのでその時間早い時間の方が混むのだと思われます。

 9時ぐらいになると事故渋滞等が起きていなければ、概ね空いている状況になるので、それぐらいの時間にアクアラインに差し掛かるように移動すると比較的快適に通れる可能性があります。

とはいえ、結局時間をいくら考えたところでアクアラインで事故が起きると確実に渋滞して時間が読めなくなります。まあ、事故渋滞が起きたら運が悪かったと思うしかないですね。

なおTwitterか何かでアクアラインで検索すると事故渋滞が起きているかどうかは概ねわかります。わかったところでどうすることもできませんが…。

上り(千葉から東京方面)

混雑時間帯に木更津金田インターから乗るのは悪手

木更津アウトレットあたりから木更津金田インターまでの下道の渋滞が非常にヤバイので、渋滞が始まる3時ごろから渋滞が緩和される20時ごろまでは、木更津アウトレットの付近から木更津金田インター経由でアクアラインを利用するのは避けた方が良いです。

アクアラインに侵入する車線が1車線しかない道路が多く、そこに直進左折右折と車が流入してくる関係で死ぬほど時間がかかる上、下手すると途中で出られません。特にアウトレットの北側のスポーツデポのあたりの道路は通っちゃダメです。

迂回路である袖ヶ浦インターからのアクアライン侵入は有効

迂回ルートとして、木更津金田からではなく、袖ケ浦インターから110円払って高速に乗るプランがありますが、高速道路の入り口での致死的な渋滞を回避できるので非常に効果的です。

110円と安いので、ちょっとでも微妙な雰囲気であれば、そちらから行けるなら行った方がいいですね。アクアラインに乗ってしまえば、時速5-10kmぐらいは移動できますが、下道でハマると下手すると時速0kmが続きます。

なお、木更津アウトレットからの迂回ルートだと、ナビの南西に進む最短ルートよりは、カインズの前の道路を東に進んで、高速下を行くルートの方が空いてます。

そもそも時間を遅くするのが1番良い

なお、帰りについては基本的に時間を遅くすれば致命傷系の渋滞を回避できるので、そもそもの時間を変えるのが1番効果的です。

土曜なら基本的には20時ごろになれば概ね空きますし、20時30分ごろであれば、ほぼ渋滞はないと思います。日曜はそれに+30分ぐらいですかね。

食事時が終わった頃がちょうど良い時間になるので、木更津アウトレットの中で買い物をするなり袖ヶ浦の方でどこか飲食店に入って時間を潰すなりしてから帰るとちょうど良いと思います。

まとめ

下りはルート選択が肝

川崎大師側から行けば9割ぐらいの確率で一向に進まない致死量の渋滞は避けられる印象です。今日は終わってんな…と思うのは数ヶ月に1回ぐらいですかね。

上りは時間帯の方が重要

14時までに帰るか、20時以降に帰るかさえできれば、おおむね致死的な渋滞は回避できます。おあつらえ向きに木更津アウトレットという最強ショッピング施設があるので、割り切って時間を潰しましょう。

東京西部や神奈川居住でそんな遅くすると帰宅時間が…勿体無いし早くもできない…という感じであれば、たぶん高確率で不幸になるので、わざわざ房総半島に行かないほうがいいと思います。

稀に事故車大量発生で20時半以降も詰まっていることがありますが、その場合は迂回ルートで木更津金田インター付近の下道を通らないことで「マジでうごかねぇ!!!」という状況を回避できます。渋滞の兆候を感じたら逃げましょう。

時間帯を20時以降にずらす、やばそうなら迂回ルート通るを実施以降、本格的に死んだのは1回ぐらいしかないので、まあおおむね勝てるかなーと思います。