TEKE TEKE MY LIFE

モノや体験の記録帳

品川区共通商品券が使えるおすすめの店舗のまとめ(大崎・五反田エリア以外)

今回も使いきれなさそうなので、消費をキャッチアップすべく、色々と消費するスポットを確認したので、次回にむけてまとめておく。

尚、ぼくは五反田・大崎エリアよりも南側の住民なので、五反田・大崎についてはカバー範囲外であることを最初に書いておく。(書いてたら、どちらかというと上記エリア以外の品川区おすすめ店舗リストみたいになってしまった。)

shoren.shinagawa.or.jp

 

①食料品

・スーパーマーケット

スーパーは検索する限り、丸正大井町店のみが使用対象で、当然のようにオオゼキや文化堂、オーケーストアなど、地域に多いスーパーでは使えない。

そして、丸正大井町店は特に安い店でもないので、わざわざ使いに行く必要は全くない(NB商品ならオーケーの方が商品券加味しても安いし、生鮮食品なら文化堂やオオゼキ、イオン、イトーヨーカドーなどでよい)。

・パン屋、精米店

品川区はそれなりに美味しいパンの店や、高品質でそう高くない米を売っている店があるので、それらの購入に使うのはおすすめ。

パン屋でおすすめは、中延の「夢工房リヨン」、旗の台の「一本堂旗の台店」、武蔵小山の「コミネベーカリー」、戸越銀座「米魂」、青物横丁「ラヴィアンクレール」あたり。チェーン展開している「ししまる」も美味しいが、店舗がなくなっている。

米についても、各街の精米店で使える。とはいっても、有名どころは旗の台の「沖田精米」ぐらいだろうか。沖田精米の餅、めっちゃ美味しいんだよな…。

・食肉店

大井町~西大井の間(下神明?)にある「小川畜産総本店」が一番の使いどころ。大企業規模の食肉卸の直営店舗なので、非常に肉が美味しい。

「小川畜産総本店」は揚げ物を中心とした総菜コーナーもあり、1個50円のから揚げをはじめとして、価格からすると尋常ではなくウマく、周辺住民のQOLを著しく上げている。

揚げ物コーナーが目玉の中延「肉の伊吾田」も、揚げ物を買うなら500円単位の商品券も使いやすく、ナイス。「夢工房リヨン」が正面にあるのもあって、使いやすい。

・鮮魚店

大抵の鮮魚店で使えるイメージだが、大手スーパーよりも優先して使うことを考えるとすると、青物横丁の「魚富士」だろうか。非常に安価に良い魚を購入できるが、夏は少し心配になる商品の管理状況&非常にムラのある接客、というのはネック。土日は嫌になるほど人がいるので、平日に行くのを薦める。

あとは、土曜のお刺身バイキングで有名な戸越銀座の「魚慶」も、お刺身目的であれば使いやすい。2000円分の商品券も使えば、かなり良いお刺身盛りが作れるだろう。

・八百屋

大体の八百屋で使える。ただ、街の八百屋は品質ブレが激しい。旗の台の「小林青果」、荏原町の「中真商店」、中延の「マルシン青果店」、北品川の「八百八」あたりは、品質が安定していて、美味しい野菜が多い。おすすめ。

 

②嗜好品

・菓子・洋菓子・和菓子

菓子類であれば、一部対象外の店舗があるものの、おかしのまちおかで使用可能(中延店では使えないが、荏原町では使えるなど、オーナーによって差分がある様子)。

洋菓子店も大抵使える。中延の「石黒」、青物横丁の「レ・サンク・エピス」あたりは安定して美味しい。荏原町の「アンジュ」の後継店の焼き菓子が美味しい「パティスリーヨシカワ」は使えないので注意。ジェラートor焼き芋の戸越公園「ハスキージェラート」もGood。

和菓子店も使える店が多いのだが、あまり当たりだなーと思った店は多くない。おすすめは戸越公園の「越路」ぐらい。

・酒・珈琲

他、飲料で言えばカクヤスで使えるので、消費に困ったら駆け込もう。あとは、戸越公園の「カルディコーヒー」で使える。

あとは、コーヒー豆店も結構使える店が多いが、城南エリアにFCが多くあり、安くて美味しい「コーヒーロースト」系列は大体対象外なので注意が必要。

  

⑤飲食店

・ファストフード店

大崎周辺ではバーガーキングその他、かなり使える店があるものの、その他エリアで使える店は少ない。旗の台のモスバーガー、大井町の大阪王将、武蔵小山と青物横丁のケンタッキーぐらい。とはいえ、ケンタッキーで使えるのはありがたい。

あとは、武蔵小山のやきとり「鳥勇」や戸越銀座のテイクアウト店舗では使えるので、そういう店で使うのも悪くないですね。

・ラーメン

品川区は隠れたラーメンの名店が多いエリアではあるものの、使える店は少なめ。戸越公園の「はるにれ」が閉店してしまったので、中延の「天心」(麻婆麺と担々麺が美味しい)、荏原町の「しなてつ」(正統派の醤油らーめんがとても美味しい)ぐらい。

・その他

大井町の「丸八とんかつ店」、中延の「ほかげ」、旗の台の「でらうち」(大森に移転しちゃった…)、青物横丁の「コージ・コルディアーレ」など、味の確かな店で使えるので、食べログなどと照らし合わせながらめぐるのも、消費としては良いかと思う。

☆3.5以上の先で言えば、半数程度は対象になっているイメージ(大井町の「pizza man」などが対象外な程度)。

 

④医薬品・生活用品など

・ドラッグストア

ドラッグストアは、ココカラファイン・サンドラッグ・ツルハなど、実は大抵の店舗で使える。特に商品券だからといってデメリットはない

(とはいえ、ドラッグストアはQRなどの支払い方法による割引が多いので、強いて商品券を使うメリットはない)

・コンビニエンスストア

一応、セブンイレブンでは大体の店で使えるので、大抵のものには変換できるが、割高なコンビニで商品券を使うのもなんだか損しているのか得をしているのかわからない感じですね。

・金物店・文房具店など

金物屋などでも使えるので、使ったら安いのかなーと思うこともあるのですが、ネット通販で買った方が安い、というのが現実です(特売商品でもネットの方が安い…)。

 

⑤書籍・家電など

・書籍

書店だと、大崎の文教堂など、一部使える店もあるけれど、そもそも本であればヨドバシドットコムで10%ポイント付くので…。

・家電

家電類も、各所に存在するクラタデンキなどで使えるものの、大手家電量販店との価格競争力はないです…。

 

⑥その他サービス

・理髪店

理髪店も対象店舗が多いが、理髪店自体の数も多いので、全体の中では対象店舗は少ないかもしれない。評判の良いところをピックアップすると、4000円オーバーの価格帯では、大井町の「ピースバーバー」、西大井の「トーキョーズバーバー」、安い価格帯なら青物横丁の「ウルトラブルー」が評判が良い。

・エンタメ

エンタメで言えば、一部カラオケ店等が対象になっている程度。しながわ水族館ではもちろん使える。なお、しながわ水族館周辺には、ほとんど使える店が存在しない。商店街がないからね。