teke teke my life

遊びと生活と学習の記録。

ソーダストリームsourceを1年使ってみた感想

ソーダストリームを導入して1年ちょっとぐらい経過したので、簡単にレビュー。想定通りの商品で、欲しければ買っても良いんちゃうかなーという感じ。うちはソーダストリームのSOURCEを使ってますが、たぶんどの機種でもそんなかわらないと思うので、底はデザインで選んで良いかと思います。500mlボトル付きがおすすめ。予備シリンダーや定期配送サービスはいらないです(ドラッグストアにもシリンダー置いてあるので、そんなに買い替えに困ることないので)

ソーダストリームの良いところ

ペットボトルが出ない

夏場はどうしても炭酸を飲みたくなるので1便は炭酸水を買っていました。炭酸水を飲んでいると、当然のことながらペットボトルが次々と発生するので、処理めんどくさいな、となっていました。

その点、ソーダストリームだと当然ペットボトルが出ないので、ゴミを処理する手間は減りました。これはとてもよかったです。尚、シリンダーも交換式なので、そちらも処理する必要はありません。

電源が必要ない

暮らしているとどうしてもキッチン家電が増えていく関係もあり、電源が必要だと置く場所などに制限ができてしまうのですが、ソーダストリームは基本的に電源が全く必要ありません。どこにでも置けるのでその点はかなり良いです。

炭酸は割と強い

きちんと冷やした水で炭酸水を作るとしっかりと強めの炭酸ができます。そういう意味ではある程度満足感のある炭酸水はいつでも飲めるのでなかなか便利です。

ボトルがかなり便利

購入時に付いてくる1リットルのボトルや500ミリのボトルは取り扱いやすく、見た目もシュッとしている感じなので、炭酸水を作らなくても水を冷やす容器としてかなり便利です。

我が家では500ミリのボトルでしか炭酸水を作らないで、1リットルのボトルは冷たい水を作るための装置になっています。便利。

悪いところというか期待はずれだったところ

とはいっても炭酸がそんなに強くない

思ったよりも炭酸は強いのですが、さすがに最近の炭酸水と比べるとさすがに炭酸の強さが足りないです。

またうまく入れられない時もあり、そういう意味ではペットボトルの炭酸水に強みがあります。

経済性はそんなに高くない

炭酸を作成するボンベ1本あたり2000円位するのですが2000円で作れる本数は500mlペットボトル相当で120本程度です。500mlペットボトル相当で1つあたり20円位かかるので、言ってもそんなに経済性は良くありません。50円ぐらいの差額が出るとすると、シリンダー1本使いきって6000円ぐらいのコスト削減効果です。

本体の価格がそれなりにすることを考えると、経済的に得を感じられるのはだいぶ先になります。そうした場合にペットボトルの炭酸水の味の良さや、簡単さを考えると経済的とは言い難いですかね。同等とはいいがたいです。

フレーバーそんなに美味しくない

いくつかのフレーバーを試しましたが、さほど美味しくありません。結局のところ、市販されている完成した商品と比べると…。

トータルは満足感高いけど

まあ、良いところ悪いところありますが、時々炭酸飲料も買う、ぐらいのテンションで運用すると、ちゃんと炭酸飲料飲みたいときはコーラなりなんなり買って来ればいいし、カジュアルに炭酸を楽しみたいときにはソーダストリームでちょろっと作れるので、ちょうどいいすね。

トータルの満足感はそこそこあるので、平均値としてはおすすめできる商品ではあるのですが、満足度は人によるのかなぁ…という感じです。なので、ぐいぐい推す感じではないですね。興味があったら買って損はしないんじゃないか、ぐらい。